「ポピュリズム」

( 2017年 11月 掲載 )

「民衆」,「大衆」の語源から、今日の社会現象を表わす言葉となっています。

民主主義の「多数決の原理」を極端にしたようなものだと思います。

大衆の人気が根底にあります。 政治家が利用したくなります。

小池百合子という一人物の人気の高さが、都議会選挙で

「希望の党」を圧勝させ、さらに都知事にまでしてしまったのは、

このポピュリズムであったという人がいますが、私もそう思います。

ポピュリズムの特徴は、政策を深く考えないで人物の魅力が優先すること

(その点アイドルの要素を持つ)、悪役に立ち向かう勇士として拍手喝采する

などがあります。

世界史で典型的なものは、ドイツのヒトラーです。ヒトラーは

言葉巧みに大衆の心を掴み、独裁者となりました。

ポピュリズムの危うさは、腕っ節の強い人にかかるとたちまち利用され、

独裁者を生みだすことです。小池都知事も人気の絶頂で一人で政策決定をし、

その言葉も傲慢と思えるものとなり、ついに「女帝」とあだ名がつけられました。

幸いなことに、衆議院選挙で敗北して大事に至りませんでした。

ポピュリズムの恐さを知らされました。