信仰随想(原稿)

     「 誠 実 」  (2018、2月 掲載)

「誠実」ということばが、私にとっても社会にとっても,

国家にとっても必要で、重要な意味を持つ事を私は痛切に感じています。

日本は❝ものづくり❞で海外でも高い評価を受けています。

ところが昨年は、この評価や信用を失わせる製品不正や誤魔化し

大企業で立て続けに発覚しました。 誠実の正反対です。

昨年の大晦日 午後8時頃、住居への引込み線の所で電線がショートして

火花散っている事を 隣人に知らされ、慌てて電気屋さんに電話しました。

幸い 当直の方が一人おられたので、事情を話して修理に来て頂きました。

若い男性で、1時間程で電線の張替えが終わりました。 雪交じりの冷たい雨の中、

どこも暖かい家の中でテレビを見たり、くつろいだりしているのに、

この若い方は嫌な顔をせず一人で黙々と作業していました。

私はこの方を見て地に住み、誠実を養え」という聖書のことば を思いました。

私達のこの社会は、地道に,黙々と,誠実に自分の務めを果たしている人達によって

成り立っている事を改めて感じました。 大晦日でも元日でも休まないで

多くの人を運ぶ交通機関の担い手、電気・ガス・水道等インフラの維持管理者、

食材配送・物通関係者、商品販売で店頭に立つ人、その他 警察・消防や医療介護従事者、

この人達の 人に知られない 地道な,誠実な働き によって社会は動いています。