「北風と太陽」

( 2017年 9月 掲載 )

「イソップ寓話」に「北風と太陽」という話がある。

太陽と北風が力自慢をして互いに譲らない。

決着をつけようと「旅人」のマントを脱がせた方を勝ちとする。

北風は凍りつく強い風を吹かせてマントをはがそうとする。

旅人はますますマントの襟を固く握ってマントを守る。

一方、太陽は柔らかく暖かい熱を送って旅人を包む。

旅人はついにマントを脱いで歩きだす。太陽の勝ち。

国連の決議は北風。

もっと強く、厳しい制裁を与えなければならない。

安倍首相が先頭に立ってアメリカの「旗振り役」を務めている。

「違うだろう!」と言いたくなる。

2500年前のイソップの寓話は今も生きている。

北朝鮮はますます強くマントを握って離さない。

寓話と違うところは、太陽になる国や人物がいないことである。

私は現在の北朝鮮とアメリカ主導の国連安保理の決議を見て、

このイソップの寓話を思い出す。